オリゴ糖なら旅行前に便秘の不安を解消できます!

保育園の卒園旅行に出かけることになり、すごく楽しみではあるものの、便秘のことが気がかり。旅行中に腹痛がひどくなったらどうしよう?と心配でした。

トイレで何十分も踏ん張っても、コロコロとした小さな便が2,3個絞り出すのがやっとだったんですが、旅行前にあっさりと便秘を解消することができました。



親子で卒園旅行を心から楽しむことができたんですが、私が一体、どんな便秘対策をしたのか?このブログで詳しく紹介しています。





■下剤の常用は危険!

「便秘になったら下剤を飲めば良いだろう」みたいな考え方もありますが、調べれば調べるほど下剤を飲み続けるのはかなりリスクがあります。

下剤は即効性があるので、どうしても気持ちが悪かったり、腹痛がひどければ飲んだほうが良いものの、それ以外は、あまり服用すべきではありません。



便を無理やり出すことで腸に負担をかけることになります。また腸壁の粘膜もはがしてしまうことがあり、腸の機能がますます低下してしまいます。

酸化マグネシウムを使った便秘薬は、比較的、安全性が高いと言われているものの、副作用はないわけじゃないんです。



高マグネシウム血症といって、呼吸抑制、意識障害、筋力低下や不整脈といった症状を招くことがあるんです。

特に腎臓の機能も低下している場合は、マグネシウムの排出がうまくいかず体に蓄積しやすく、体調不良を起こしやすくなります。




■腸内環境を整えよう

便秘を健康的に治そうと思ったら、とにかく腸内環境を整えることです。腸内細菌(善玉菌・悪玉菌)のバランスを改善することで、腸の働きを活発にしてあげるんです。

健康な人の腸では、善玉菌と悪玉菌の割合が3:1くらいになっているんですが、便秘がちの場合、2:1とか1:1といった感じで、善玉菌の割合が減っています。



善玉菌の数を増やすことで腸内環境が良くなって便秘を解消することができるんですが、ただ、善玉菌を直接増やすのは、かなり効率が悪くなります。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌などは善玉菌の一種ではあるものの、腸に届く前に胃酸で消化されてしまいます。



「乳酸菌400億個配合!」みたいな便秘解消サプリメントがあって、いかにも効果がありそうですが、腸内に生息する最近の総数は100兆を超えると言われています。

乳酸菌が何億個入っていようが、胃で分解されるし腸にはごくわずかしか届きませんから、便秘解消効果はほとんどないと思ったほうが良いです。



■カイテキオリゴが効果的

善玉菌を直接補うのは効率があまりにもよくないわけですが、発想を切り替えて、腸内に生息する善玉菌を育てるのは、効率がメチャクチャ良くなります。

善玉菌はオリゴ糖をエサにしているんですが、オリゴ糖は難消化性と言って、遺産で消化されない性質を持っています。そのまま腸まで届きます。



砂糖の一種ではありますが、身体に吸収されることはなく、善玉菌のえさにならずに余った分は、便と一緒に身体の外へ追い出されるだけです。

気になってオリゴ糖についていろいろ調べていたところ、便秘解消に特化して作られたカイテキオリゴというサプリメントを発見。



余計な添加物は一切含まれていなくて天然作物から採取したオリゴ糖100%だというし、返金保証もついていたので、試しに使ってみることにしました。


すると、飲み始めて1週間くらいで便を徐々に出しやすくなり、2週間もする頃にはほぼ毎日のようにおつうじがくるようになりました。

おかげさまで今は、便秘のせいで腹痛が起きることは全くなくなったし、肌荒れやむくみといった症状もだいぶ落ち着いてきました。



旅行前に不安な便秘を解消してくれたカイテキオリゴがこれです。今ならまだ返金保証がついているので、効果を試してみるなら今のうちですよ。
↓↓↓












スポンサーサイト